A lot of hobbies

カワサキ W3 とホンダ Benly でツーリングやキャンプ メンテは自分で出来る限りサンデーメカニックで! ハイエースのDIYや旅行日記も、 沢山の趣味に挑戦したいです。

サンデーメカニック

カワサキ W3 レストアの続き~

関東の梅雨も本番ってところです。

余り乗る機会がないので、W3のレストアの続きです。
パッと見は綺麗な部品もメッキが剝がれている所はあっという間に錆で茶色くなってしまいます。

いつかはやろうと思っていましたが、予備にとっておいたシフトリンケージ一式、

状態の良い部品を見繕って悪い物と交換して、良い物を再メッキに出します。
なので現在のW3のリンケージは、ガタガタのが付いています。
IMG_5412



















ついでに硫酸パンチでメッキが剝がれているチェーンカバーもね~
パッと見綺麗なんですが、濡れると一気に錆びてしまい、毎回ピカールで磨くのも大変なんで
IMG_5413



















メッキ屋さんから見積もりが届き、部品個々に金額が記されていました。
合計金額を見ると諭吉が丁度二人、下地が悪いんでしょうがないかぁ~

錆びで出来た凸凹も磨いて、更にクロムメッキ仕上げで、小さな部品は100円からって
手間を考えると安いと思います。

一か月後、仕上がって来るのが楽しみだなぁ~


井上ゴム工業のタイヤに交換、旧車に似合うGS-11

W3のタイヤ交換をしました。

今まではⅮ社のTT100gpを履いていたのですが、気分転換?
本当はコスパに優れているからです。

飛ばさないのんびりライダーにはハイグリップタイヤは必要ないし、雨にも強いらしいです。
このパターン、旧車にベストマッチだと思いませんか?
IMG_5370



















それにしてもひげ? が凄いんです。
皆さんどうしているのでしょうか?
トップを残してサイドだけカット、自分は気長にハサミでチョキチョキとしました。
IMG_5372













虫じゃないよ~
IMG_5376



















チューブレスじゃないので、ビード落としも足で踏み踏みでOK
チューブレス&アルミホイールの組み合わせと比べて、
チューブタイヤ&鉄ホイール交換の方が楽な様な気がします。
IMG_5388



















やっぱり新しいタイヤは気持ちいいですね~
TT100より若干太く見えるのは気のせいでしょうか?
IMG_5389
































次回走るのが楽しみです~^^y






W3が再び!なんだかなぁ~

W3のロッカーカバーのオーバーホールを完了したのにい~
トホホは続きます。
二年ぶりのオイル下がりの再発です!

ステムシール交換でのごまかしも効かなくなってしまいました。
外したヘッド~W3って単純だからこれ外すのに30分くらいで外せちゃいます。
IMG_4939



















右マフラーから始動直後、ボワっと白煙吹きます。
排気側は湿っていません
IMG_4940



















吸気側がオイルで湿ってますね~
IMG_4942



















相変わらず笑顔です。
IMG_4955



















流石にバルブガイドはメーカー欠品なので、ヘッドごと送って作ってもらうことにします。
ついでにバルブの研磨とシートカットもね!

もう春までは間に合わないだろうなぁ~

ちゃんと治って帰って来いよ~







カワサキ W3 タペット調整でOH終了~♪

W3のロッカーカバーOH後、100200キロ走ってはバルブクリアランスを調整して今回で五度目、
前回合わせたクリアランスに変化が無ければ、今回で OH終了となります。


ギヤを二速に入れタイヤを回しポイントマークがこの穴から見える所に合わせます。





















タペットカバーを外しクリアランスを見ます。
image




















前回合わせた0.15mmから変化していないので、恐らくガスケットの潰れも落ち着いたと思われます。


更にボルト類の増し締めをするのですが、恐らくサービスマニュアル通りのトルクで締めると
ネジ山が馬鹿になると思うんですけど、自分は20Nmで締めていますが不具合はありません、

W1系はタペットクリアランス標準がたしか 0.050.07mmだったかなぁ~たぶん?


こと、うちのW30.10.15mm位いが、調子良く歯切れの良い排気音を奏でてくれます。

余りクリアランスを取りすぎると、タペットアジャストスクリューやバルブエンドの変磨耗が起こるみたいですが、W1系 はクリアランスが小さいよりも大きい方がバイクには安全かな~と思います。


気になるメカノイズですが、ロッカーアームシャフトを太くし、それに合わせてロッカーアームをリーマー研磨したので、部品のガタが無くなり、その結果メカノイズも減りました。


聞くところによると、W1系はほぼ同じ症状らしいです。それにしてもあんなにガタガタでも、エンジンが調子よく動くなんて、凄いです!


バイク乗りの感として壊れそうだな~的な、危険メカノイズは消えたような気がしますが、この先どうなる事やら…

新車のW1系のメカノイズを聞いてみたいな~


プラグも新品交換して終了~





















この調子がしばらくは続きますように~♪


トルクレンチ

バイクを自分で整備する場合、やっぱり持っておきたい工具のトルクレンチ

今まで使っていたのは安物で、とうとうラチェット部分が壊れてしまい終了~

今回は大奮発!

いつもメーンに使用している工具類はKTCなんですが、トルクレンチだけ激安工具店ブランドの物でした。
自分の様なサンデーメカには必要十分なんですけどね!

買ったのは同じ店なんですが、長~く使うのならばと此方をと、店員さんにススメられて買ってしまいました。

モーターサイクル用となっていてオール金属製~

東日のトルクレンチです。
レンチの長さは25㎝程なんですが、それよりも大きなケース付~
IMG_4732


























日本製ですよ~5~40N・mと広い範囲で使えそうです。
IMG_4731



















これで、整備の精度が今まで以上にアップしそうですね~たぶん?頑張りまっす。








スポンサー
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 東北・北海道紀行紀行~美味しかったベスト10
  • 東北・北海道紀行紀行~美味しかったベスト10
  • 東北・北海道紀行紀行~美味しかったベスト10
  • 東北・北海道紀行紀行~美味しかったベスト10
  • 東北・北海道紀行紀行~美味しかったベスト10
  • 東北・北海道紀行紀行~美味しかったベスト10
天気
記事検索
連絡先
QRコード
QRコード
広告