ジャッキでフロントを持ち上げてホイールの掃除中、ブレーキの引きずりが凄い!
手でホイールを回すと、ギギギーと軽くブレーキをかけた様に抵抗が、
今までは、パーツクリーナーで掃除する程度でしたが、
さすがにこうなるとキャリパー外して掃除しないと!

ごく普通のサラリーマンが、このバイクを維持して行く為 には
おいそれとディーラーには持ち込めません!(^。^;)
自分で出来る事は自分でやらないと!
余裕があれば、プロに任せるのが一番ですが、
自己責任で自分でやります。

でっ早速作業開始! 

DSCN1094.jpg 
フェンダーの縁に傷防止のためビニールテープで保護しときます。
最初にパッドピンを緩め、そしてフォークからキャリパーを外します。

DSCN1095.jpg 
取り外したキャリパー

DSCN1103.jpg 
ピストンが抜けない程度にブレーキレバーを握りピストンを出します。
ピストンを出したく無いところは、ピストンとピストンの間に何かをはさみ、動かない様にして
出したいピストンの反対側をギュッと押さえブレーキレバーを握り一つずつ出して掃除して行きます。
このキャリパーは、4つピストンがついているので4回この作業をします。
キャリパーが二つなので計8回!

DSCN1106.jpg 
パーツクリーナーで掃除をします。 こんなに綺麗に!

DSCN1107.jpg 
シリコンスプレーを吹きかけ軽くウエスで拭き取ります。

DSCN1109.jpg 
パッドのピストンの当たる面とパッドピンに薄~くグリスを塗っておきます。(有ればスレッドコンパウンド等)
くれぐれも、パッド面とパッドピンのネジの所には、塗らない様に!
キャリパーに仮組をしておきます。

DSCN1110.jpg 
トルクレンチを使用して規定トルクでキャリパーを取り付け

DSCN1111.jpg 
最後にパッドピンも規定トルクでしっかりと!

DSCN1113.jpg 
ブレーキレバーをにぎにぎしてピストンを押し出します。

DSCN1114.jpg 
ホイールがスムーズに回転するのを確認して

DSCN1118.jpg 
本日の作業終了!

この方法で良いのか分かりませんが、とりあえずブレーキの引きずりは、解消しました。