FLHTをギヤカム化しました!
カムは、S&Sの510G

ヘッドをばらしたく無かったのでアジャスタブルプッシュロッドも購入しました。

カムプレートへの組み付けは、
プレス機を持っていないのでヒートガンで分解組み立てをおこないました。
カメラの調子が悪く画像が無いのですが、
走行距離3万キロでカムチェーンテンショナーの減りは1ミリ程度でしたが、
熔けた様な、虫食いの様な跡が、取り外した時にポロッと割れてしまいました。

2f3a8b05.jpg 
 
チェーンの時は、カムを動かすのに結構力がいりますが、ギヤにするとスルスルと回転します。
ずいぶんとパワーロスしていたんだな~と実感!
477bdadb.jpg  ba7931f2.jpg
専用工具出動!
このベアリングの着脱は、やっぱりこれを使わないと大変そうです。
a55cf597.jpg 
じゃじゃ~ん 組み込み終了!

プッシュロッドの調整の写真取るの忘れた~
取説通りに行い難なく終了!

まだ走行はしていませんが、
アイドリング時の音がちがうぞ~
なんだか音質が硬くなった感じ?
ドゥドゥドゥドゥドゥドゥーからダッダッダッダッダッダッとなりました
アイドリングでのギヤノイズは、思っていた程気になりませんでした。
アクセルをあおると明らかに吹けあがりが違います。

こりゃ楽しみだな~!

今回の作業で一番大変だったのが、エキゾースト系のバラシ作業で
ネジが錆びで固着して外すのが大変でした。
556で待つ事一晩!

カムの交換作業で一日掛かりと計二日間の大作業となりました。

腰が痛いっ!